たんなる電子マネーの亜種ではないビットコイン

ビットコインの何が革命的だったのか

「仮想通貨」「暗号通貨」と呼ばれるビットコイン。最近は大手のサイトでもビットコインによる決済を採用し始めており、聞いたことがある方も多いと思います。さてもこの決済方法は今までの仮想通貨と何が決定的に異なっていたのでしょうか。

最終的には現実世界の通貨に換算されることで価値を持つ通常の仮想通貨に対し、ビットコインはその管理や保証をみずからブロックチェーンと呼ばれるアルゴリズムで自律的に管理を行います。中央銀行によって管理・統括される通常通貨と、それにより価値を持つ従来の仮想通貨に対し、中央集権的な管理システムが不要であるというしくみがもっとも革新的なポイントだったのです。

もはや国は関係ないビットコインの取引

ビットコインでは、中央銀行的な存在がなく、すべてをピアツーピアのやり取りで行われます。よって、もはや国ごとの政府の介入や銀行の意図に振り回されることがありません。その信用は、ネットワークの参加者全体で相互監視されることで形成されています。ブロックチェーンとよばれるオンラインの台帳のようなものに、すべての取引はノードに分散して記録されます。一箇所が攻撃を受けても、分散したネットワーク全体にデータがあるため、一部のデータが消えても安全性は保たれます。また、過去の取引などもすべてこのブロックチェーンに記録されているため、データ改ざんでおかしな挙動をさせるのも構造的に非常に難しくなっています。

現実でのメリットも多い

このように中央の統制を受けないビットコインには、送金手数料がクレジットカードの手数料より安価だったり、365日24時間いつでも利用可能なこと。また、カード番号や、口座番号などの個人情報を送付する必要がないというメリットがあります。そうしたメリットにより送金やECサイトの決済手段として拡大しつつあります。また、海外送金に上限規制がある国や、自国の通貨が安定せず信用度が低い国などでは通常通貨の代替手段として注目を集めています。ただし、ビットコインのしくみにはセキュリティリスクもあります。そのリスクを知った上で活用すれば、効果的な通貨の運用手段の一つとして役立つことでしょう。

ビットコインは、日々価値が変動しています。値動きが大きいことから、デイトレードやレバレッジをかけたビットコインFXが注目を集めています。

by