風評被害対策について

ネットによる風評被害

風評被害とは、根も葉もないウワサによって経済的な被害を被ったり、本来非難を受けるべき対象とは別のものが攻撃されてしまう被害のことを指します。インターネットが普及した現代においては、ネット上の風評被害や誹謗中傷が増え続けています。ネットには、自分の名前や顔を知られることなく匿名で書き込むことができるためです。いったん掲示板などに書き込みを行なうと、根拠のない不確かな情報であっても、瞬く間に拡散してしまいます。

風評被害対策の方法について

インターネットの世界は、24時間365日休みなく稼働しており、被害者が誹謗中傷の書き込みをした人を探して、刑事告訴や損害賠償を請求するにしても、書き込みが削除されてしまうと証拠自体がなくなってしまいます。ここでは、風評被害に遭った時の風評被害対策についてご紹介します。まずは、誹謗中傷する内容が掲載されているホームページや掲示板をプリントアウトします。さらに、そのサイトのURLアドレスや書込者、書込み日時などを書き出しておきましょう。

プロバイダー責任法について

掲示板への書き込みについては、プロバイダーはプロバイダー責任法の管理下にありますので、削除依頼することが可能です。削除要求は、書面の場合には実印を押印して印鑑証明をつける、電子メールの場合には電子署名をつけて行います。また、プロバイダーに対して、書き込んだ発信者の情報の開示請求が認められています。さらに、掲示板などネット上の書き込みの内容などによって、名誉棄損やプライバシー侵害にあたるものに関しては、お住まいの地域を管轄している警察署または法務局へ届出を提出するようにしましょう。

今の世の中ネットでの風評被害が会社にとって大きな問題になっています。その為、風評被害対策を万全にしなければなりません。

by