新入社員研修はその会社で幸せに活動してもらうためのものです

新社員研修で基本的に行う内容はこの様な感じです

新入社員研修で一般的に行う内容としては、ビジネスマナーや社内のルールの説明等があります。お辞儀の仕方や名刺の交換の方法、電話の受け答えの仕方等が基本となります。座学で学ぶよりは、ビジネスマナーを専門にしている講師を呼んできて、実際に表現することで覚えさせることの方が多いです。このことを基本にした上で、各専門会社によって様々なプログラムが組まれています。各企業の業態に合わせて営業なら営業の知識、接遇なら接遇、外国との接点があるならその項目ごとに研修します。

会社にあった研修にすることが大切です

先述の通り、基本的なビジネスマナー以外については、その会社に即した研修を行わなければ意味がありません。営業に行く機会が多いのであれば、個人宅へ訪問する際のマナーやルール、法人先へ訪問する際のマナーやルールも教える項目に入れてもらわなければいけません。基本的に覚えておかなくてはいけないことは、新入社員は、ついこの前までは学生であったという点です。その点、本来の社会については頭では理解していても感覚では全く理解していない状態です。

会社の方向性を共有してもらう場にすることが大切です

会社にとって新入社員研修は、もちろん新入社員が社会の常識を知り、通用する人材とする窓口とすることですが、それ以上に新入社員に会社の目指すべき方向性をよく理解してもらい、共感してもらう場とする必要もあります。会社の今までたどってきた道のりや、今後目指すべき方向性、その実現のために求められる人材等についてしっかりと説明をする必要があります。入社した社員へ明るい目標を持たせ、モチベーションを高める事も研修の重要な役割となります。

社員研修とは、社員を新しく雇用した時に行う研修業務の事で仕事に必要な事や社会人に必要な知識を学ぶ機会の事です。

by