トロフィーをもらう時のことを考えた選び方

トロフィーをもらう価値の高さ

一般人の人生に於いてトロフィーをもらう時というものは、決して数多く訪れる物ではありません。学生の頃に部活動の大会で優秀な成績を収めたり絵画コンクールで評価された時など、社会人になるとゴルフのコンペで優勝した時などその機会は限られています。トロフィーをもらうには単純に少し優秀な成績を収めただけでは貰える機会は少なく、優勝など才優秀な成績を上げたときに初めてもらうことができます。このことが、トロフィーをもらうことの価値の高さを物語っています。

トロフィーは大きければよいわけではない

そのように特別に優秀な成績をたたえてもらえる存在としてのトロフィーですので、トロフィーを渡す方も、トロフィーの選び方には慎重になる必要があります。まず、重要なのは単に大きければよいというものではないと言うことです。大相撲の総理大臣杯の様な大きなものは、一般の人にとっては大きすぎてトロフィーをもらう時にかえって困ってしまいます。盃にしては少し大きいくらいですと、トロフィーに勝利の美酒を注ぎ味わうことができ、授賞式が盛り上がります。

もらって嬉しいトロフィーの選び方

このように受賞者がトロフィーをもらう時のことまでを考えてトロフィーを選ぶと、自然と良いトロフィーを見つけ出すことができます。選び方も、なるべくトロフィーの製作や販売をしている店舗に行き、店に飾られている様々な実物を見ながら選ぶことがお薦めです。仮に自分自身がトロフィーをもらう時にもらって嬉しくないトロフィーは避けるべきです。また、このようなお店ではトロフィーの他に副賞も数多くの中から選べるので、副賞のアイディアを探すにも一石二鳥です。

トロフィーは店頭で売られている姿をあまり見かけません。大会に応じて受注生産されるためです。インターネットで受注を受け付ける販売業者もあり、小さな大会でも一本から手軽に注文することができます。

by